読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オフトゥン大好き

惰眠系プログラマの作業ログで( ˘ω˘ ) スヤァ…

Alfred Annict Workflowにwatchingサブコマンドを追加した

タイトルそのまま。

github.com

annict watching

でステータスが「見てる」になってる作品の一覧が表示される。

APIパラメータのper_pageがデフォルトのままなので25件(だったと思う)が取得上限。

でも、最近記録した作品が上に来るはずなのでそれほど困らないかと。


インストール方法

Alfredのワークフロー(拡張)なので、当然Alfredがインストールされてる必要があります
あと、ワークフローは有料のPower Packを購入しないと使えません(ワークフローなしのAlfredなんてSpotlight検索と大差ないし当然購入しますよね)

インストール

ワークフローのダウンロードはこちらから:
https://github.com/nukosuke/alfred-annict-workflow/releases/download/v0.0.0-alpha/Annict2.alfredworkflow

Alfredがインストールされていればそのまま設定画面が開いて確認画面が出るので、OKを押すだけだと思います。

アクセストークンの取得

Annictのアクセストークンが必要です。現状、認証コマンドを用意してないのでAnnictアプリケーションを登録してcurlとかで取得してください。

取得したら ~/.annict/config.json に以下のようにトークンを記述してください。

{
  "access_token": "<アクセストークン>"
}

TODO

  • 認証をなんとかしたい
  • それほど重要ではないけどAlfred 3用にJSON出力に書き直した方がいいかもしれない。